情報に関する理論 (全37問中32問目)

No.32

次に示す記述は,BNFで表現されたあるプログラム言語の構文の一部である。次に示す記述は,BNFで表現されたあるプログラム言語の構文の一部である。<パラメタ指定>として,正しいものはどれか。

<パラメタ指定>::=<パラメタ>|(<パラメタ指定>,<パラメタ>)
<パラメタ>::=<英字>|<パラメタ><英字>
<英字指定>::=a|b|c|d|e|f|g|h|i
  • ((abc,def))
  • ((abc,def),ghi)
  • (abc)
  • (abc,(def))
  • [この問題の出題歴]
  • ソフトウェア開発技術者 H15春期 問8

分類

テクノロジ系 » 基礎理論 » 情報に関する理論

正解

解説

<パラメタ指定>を再帰的に展開していくと次のようになります。

<パラメタ指定>→(<パラメタ指定>,<パラメタ>)

(<パラメタ指定>,<パラメタ>)→
 (<パラメタ>,<パラメタ>) or
 ((<パラメタ指定>,<パラメタ>),<パラメタ>)

括弧の位置と英文字列の数から考えて適切な構文となっているのは「イ」とわかります。
© 2010-2018 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop