HOME»【モ】からはじまるキーワード(10語)

【モ】からはじまるキーワード(10語)

モーションキャプチャ Motion Capture
現実の人間や動物の関節などに装着されたマーカー(センサー)ごとの動きをディジタルデータとして連続的に記録する技術。得られたデータはスポーツ分野において身体の動きのデータ収集・分析や、CGアニメーションに実物のような動きを与えるために利用される。
AP テクノロジ系
モーフィング Morphing
CGにおいてある物体から別の物体へ変形していく間を、コンピュータ演算によって補完することで、自然な変形をする映像として作成する技法。
FEAP テクノロジ系
モジュール強度 
モジュール内部の関連性の強さを表し、暗合的強度から機能的強度までの7段階のレベルがある。
暗合的強度(低↑)
関係のない機能ばかりでまとまりがないモジュール
論理的強度
関連する複数の機能をまとめたモジュール
時間的強度
プログラムの開始時など、ある特定の時期に実行する機能をまとめたモジュール
手順的強度
複数の機能が順次実行され、機能達成の手順になっているモジュール
連絡的強度
複数の機能が順次実行され、手順的強度加えてすべての機能にデータの関連性があるモジュール
情報的強度
同じデータ構造や資源を扱う機能を一つにまとめたモジュール
機能的強度(高↓)
一つの機能を実現するためだけのモジュール
FEAP テクノロジ系
モジュール結合度 
モジュール同士の関連性の強さを表し、モジュール結合度が弱いほど関連するモジュールに変更があった場合の影響を受けにくくなるので、モジュールの独立性が高まり保守性が向上する。
データの受け渡し方法などにより全部で6段階のレベルに分類される。
データ結合(弱い↑)
処理に必要なデータだけを単一のパラメータとして受け渡している。
スタンプ結合
処理に必要なデータだけをレコードや構造体などのデータ構造として受け渡している。
制御結合
もう1つのモジュールの制御要素を受け渡している。
外部結合
外部宣言された共通データを参照している。
共通結合
共通域に宣言された共通データを参照している。
内容結合(強い↓)
お互いのモジュール内部を直接参照・分析している。
FEAP テクノロジ系
モジュラージャック 
電話線やモデムLANなどを接続するためのコネクタ。ツメが付いていて抜けにくい構造になっている。
IPFEAP テクノロジ系
モジュラ型アーキテクチャ 
構成要素がモジュール化(部品化)されていて、それらを結合することでシステムを設計・開発・製造できるように作られたアーキテクチャ。機能が要素と1対1に対応したもの
AP ストラテジ系
モデム 
アナログ回線を用いて、アナログ信号をディジタル信号に,ディジタル信号をアナログ信号に変換する装置。
IPFEAP テクノロジ系
モニタリング monitoring
各プログラムの実行状態や資源の利用状況を測定し、システムの構成や応答性能を改善するためのデータを得ること。ソフトウェアモニタやハードウェアモニタを用いて測定する。
AP テクノロジ系
モンテカルロ法 
数値解析の分野においてよく確率を近似的に求める手法。n回シミュレーションを行い、ある事象がm回起これば、その事象の起こる確率は当然ながらm/nで近似される。この事を利用して積分(面積)の近似解を求めることができる。
FEAP ストラテジ系
持株会社 
他の会社の株式を所有することによってその会社の事業活動を支配することを目的として設立された会社のことで、ホールディングカンパニーともよばれる。具体的な事業活動は行わないが、グループ企業の株式を保有することによって、本社機能に特化した会社形態として経営を行う。
IP ストラテジ系
© 2010-2018 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop