ソリューションビジネス (全7問中6問目)

No.6

SOAを説明したものはどれか。
  • 企業改革において既存の組織やビジネスルールを抜本的に見直し,業務フロー,管理機構,情報システムを再構築する手法のこと
  • 企業の経営資源を有効に活用して経営の効率を向上させるために,基幹業務を部門ごとでなく統合的に管理するための業務システムのこと
  • 発注者とITアウトソーシングサービス提供者との間で,サービスの品質について合意した文書のこと
  • ビジネスプロセスの構成要素とそれを支援するIT基盤を,ソフトウェア部品であるサービスとして提供するシステムアーキテクチャのこと
  • [この問題の出題歴]
  • 応用情報技術者 H26秋期 問63
  • 応用情報技術者 H28春期 問63
  • 基本情報技術者 H29秋期 問62

分類

ストラテジ系 » システム戦略 » ソリューションビジネス

正解

解説

SOA(Service Oriented Architecture)は、従来ソフトウェアで実現されていた機能や部品を独立したサービスとして公開し、それらを組み合わせてシステムを構築するという考え方です。サービスという単位で扱うことでシステムの統合や再利用がしやすいメリットがあります。
SOAを実現するために、SOAP、WSDL、UDDIなどの仕組みが使用されます。
  • BPR(Business Process Reengineering)の説明です。
  • ERP(EnterPrise Resource Planning)の説明です。
  • SLA(Service Level Agreement)の説明です。
  • 正しい。SOAの説明です。
© 2010-2018 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop