システム活用促進・評価 (全2問中1問目)

No.1

BI(Business Intelligence)の活用事例として,適切なものはどれか。
  • 競合する他社が発行するアニュアルレポートなどの刊行物を入手し,経営戦略や財務状況を把握する。
  • 業績の評価や経営戦略の策定を行うために,業務システムなどに蓄積された膨大なデータを分析する。
  • 電子化された学習教材を社員がネットワーク経由で利用することを可能にし,学習・成績管理を行う。
  • りん議や決裁など,日常の定型的業務を電子化することによって,手続を確実に行い,処理を迅速化する。

分類

ストラテジ系 » システム戦略 » システム活用促進・評価

正解

解説

BI(Business Intelligence)は、組織の業務システムに蓄積された膨大なデータを分析・加工し、経営や業務に役立つ情報を見つけ出す手法・技術の総称です。データウェアハウスやデータマートに集積された情報を、BIツールが備えるOLAP(Online Analytical Processing)やデータマイニングの機能を用いて分析することで迅速な意思決定を支援します。
  • BIはシステムに蓄積されたデータを対象とするため不適切です。
  • 正しい。BIの活用事例です。
  • LMS(Learning Management System,学習マネジメントシステム)の活用事例です。
  • ワークフローシステムの活用事例です。
アニュアルレポート
外部に向けて発信される組織の経営計画や財務情報を盛り込んだ統合レポート
© 2010-2018 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop