要件定義 (全16問中4問目)

No.4

BABOKの説明はどれか。
  • ソフトウェア品質の基本概念,ソフトウェア品質マネジメント,ソフトウェア品質技術の三つのカテゴリから成る知識体系
  • ソフトウェア要求,ソフトウェア設計,ソフトウェア構築,ソフトウェアテスティング,ソフトウェア保守など10の知識エリアから成る知識体系
  • ビジネスアナリシスの計画とモニタリング,引き出し,要求アナリシス,基礎コンピテンシなど七つの知識エリアから成る知識体系
  • プロジェクトマネジメントに関するスコープ,タイム,コスト,品質,人的資源,コミュニケーション,リスクなど九つの知識エリアから成る知識体系
  • [この問題の出題歴]
  • 応用情報技術者 H26春期 問65

分類

ストラテジ系 » システム企画 » 要件定義

正解

解説

BABOK(Business Analysis Body of Knowledge,ビジネスアナリシス知識体系ガイド)は、経営ニーズやステークホルダの課題を調査・整理、および検証して取りまとめる"ビジネス分析"のベストプラクティスを体系化した書籍の略称です。

七つの知識エリアは次の通りで、各知識エリアに合計で32のタスクが存在します。
ビジネスアナリシスの計画と監視
要求分析プロジェクトのプロジェクトマネジメントをおこなう
引き出し
ステークホルダの潜在的な要求を漏れなく収集する
要求管理とコミュニケーション
収集した要求を調整して、取りまとめる
エンタープライズ・アナリシス
企業の現状とあるべき姿を把握して、変革の方向性を決定する
要求分析
収集した要求を分析・整理する
ソリューションの評価と妥当性確認
提案されたソリューションを評価し価値に結びつける
基礎コンピテンシ
ビジネスアナリシスに必要なスキルや能力を定義されている
  • SQuBOK(Software Quality Body of Knowledge,ソフトウェア品質知識体系)の説明です。
  • SWEBOK(Software Engineering Body of Knowledge,ソフトウェアエンジニアリング知識体系)の説明です。
  • 正しい。BABOKの説明です。
  • PMBOK(Project Management Body of Knowledge)の説明です。
© 2010-2018 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop