経営戦略手法 (全27問中22問目)

No.22

経営戦略に用いられるSWOT分析はどれか。
  • 競争環境における機会・脅威と事業の強み・弱みを分析する。
  • 競争に影響する要因と,他者の動き,自社の動きを分析する。
  • 市場に対するマーケティングツールの最適な組合せを分析する。
  • 市場の成長性と占有率の観点から各事業の位置付けを分析する。
  • [この問題の出題歴]
  • 基本情報技術者 H27秋期 問68

分類

ストラテジ系 » 経営戦略マネジメント » 経営戦略手法

正解

解説

SWOT分析は、企業の置かれている経営環境を分析し、今後の戦略立案に活かす手法の1つです。

SWOTは、
  • S ・・・Strength(強み)
  • W ・・・Weakness(弱み・弱点)
  • O ・・・Opportunity(機会)
  • T ・・・Threat(脅威)
の4つの各単語の頭文字をとったもので、この中で強みと弱みは企業の内部要因、機会と脅威は外部環境要因に分類されます。
  • 正しい。SWOT分析の説明です。
  • マクシミン理論などに代表されるゲーム理論の説明です。
  • マーケティングミックスの説明です。
  • 事業ポートフォリオ分析の説明です。
© 2010-2018 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop