経営戦略手法 (全27問中3問目)

No.3

ベンチマーキングを説明したものはどれか。
  • 企業内に散在している知識を共有化し,全体の問題解決力を高める経営を行う。
  • 迅速な意思決定のために,組織の階層をできるだけ少なくしたフラット型の組織構造によって経営を行う。
  • 優れた業績を上げている企業との比較分析から,自社の経営革新を行う。
  • 他社にはまねのできない,企業独自のノウハウや技術などの強みを核とした経営を行う。

分類

ストラテジ系 » 経営戦略マネジメント » 経営戦略手法

正解

解説

ベンチマーキングは、自社の製品・サービス及びプロセスを定量的・定性的に測定し、それを業界で最も成功を収めている企業(ベスト企業)のものと比較し、そのギャップを把握する分析手法です。
分析により明らかになったギャップを埋めるために、ベスト企業のベストプラクティスを参考に業務改善を進めていきます。
  • ナレッジマネジメントの説明です。
  • フラット型組織の説明です。
  • 正しい。ベンチマーキングの説明です。
  • コアコンピタンス経営の説明です。
© 2010-2018 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop