アルゴリズム (全82問中15問目)

No.15

ハッシュ表の理論的な探索時間を示すグラフはどれか。ここで,複数のデータが同じハッシュ値になることはないものとする。

分類

テクノロジ系 » アルゴリズムとプログラミング » アルゴリズム

正解

解説

ハッシュ表は、キーから算出されたハッシュ値を添え字とする配列で、キーと値の組を複数個格納するデータ構造です。

ハッシュ表探索では、あるキーに対応するデータを取り出すときに、キー値にハッシュ関数を適用して得られたハッシュ値を使うことで格納アドレスを一意に特定し、目的のデータをすばやく参照することができます。ハッシュ関数からハッシュ値を計算する速度はほぼ一定のであるため、データを参照する速度は表に格納されているデータ数の多寡に関わらずほぼ一定になります。

したがって適切な関係を表すグラフは「エ」になります。
© 2010-2018 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop