e-ビジネス (全18問中1問目)

No.1

インターネットショッピングで売上の全体に対して,あまり売れない商品の売上合計の占める割合が無視できない割合になっていることを指すものはどれか。
  • アフィリエイト
  • オプトイン
  • ドロップシッピング
  • ロングテール
  • [この問題の出題歴]
  • 応用情報技術者 H27秋期 問73
  • 基本情報技術者 H24秋期 問74

分類

ストラテジ系 » ビジネスインダストリ » e-ビジネス

正解

解説

ロングテールは、膨大な商品を低コストで扱うことできるインターネットを使った商品販売において、実店舗では陳列されないような販売機会の少ない商品でも数多くそろえることで十分な売上を確保できるという経済理論です。

一般に商品の売上は「全体の2割の優良顧客が全体の売上の8割を占め,全商品の上位2割が8割の売上を占める。」というパレートの法則に従うので、実店舗では売場面積や物流などの問題から上位20%の商品を優先的に販売することになります。
しかし、インターネット販売では従来の小売店販売面積の制約に縛られず、商品をデータベースに登録するだけで膨大な商品点数を揃えることが可能です。この商品点数の多さを活かし、小さいけれども確かにある販売機会を大量に集めることで、実店舗では実現不可能部分で大きな売上が生じるという現象が起こります。

このようなビジネスモデルを説明するときに使われるのがロングテール理論です。

名前の由来ですが、販売数を縦軸にとり商品を横軸にして、売上額が多い商品順に並べたパレート図を作成すると、販売機会の少ない商品群が低く状態で右に延びた形状になります。この右に延びた部分が恐竜の尻尾(tail)のような見た目であることから「ロングテール」を呼ばれています。
73.gif/image-size:326×176
  • アフィリエイトは、企業の広告を個人(企業)の所有するホームページに掲載し、そのリンクをたどって企業の商品やサービスが売れた場合に、広告を載せているホームページの主に報酬を支払うという仕組みです。
  • オプトインとは、「承諾」を意味し、一般的にはユーザが広告メールの受け取りを承諾することを指します。このようにユーザの承諾を経て送信されるメール広告をオプトインメール広告といいます。
  • ドロップシッピングは、ネットショップ側で在庫を持たず、注文が入った時点で、商品をメーカーや卸売り業者から直送させるネットショップの運営方法の一形態です。
  • 正しい。
© 2010-2018 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop