経営・組織論 (全15問中5問目)

No.5

リーダに求められる機能としてPM理論がある。P機能(Performance function)が大きく,M機能(Maintenance function)が小さいリーダのタイプはどれか。
  • 業務遂行能力が不足し,メンバの気持ちにも疎いので,目標達成ができない。
  • メンバの気持ちは大事にしているが,一向に目標達成に導けない。
  • メンバの参加を促し,目標達成に導くので,決定事項に対するメンバの納得度が高い。
  • 目標達成を急ぐ余り,一部のメンバの意見を中心にまとめてしまうので,他のメンバから抵抗を受けることが多い。

分類

ストラテジ系 » 企業活動 » 経営・組織論

正解

解説

PM理論(ピーエムりろん)とは、リーダシップは「P機能」と「M機能」という2つの柱で構成されているとする理論で、2つの機能の強弱の組合せでリーダのタイプを類型化して表します。
P機能(Performance function)
計画立案、指示、叱咤などによってチームの生産性を高め、目標達成に向けてチームをけん引していく能力
M機能(Maintenance function)
チーム構成員同士の人間関係を良好に保ち、チームワークを深める能力
各機能が強い場合を大文字(P,M)、弱い場合を小文字(p,m)で表し、その組合せで4つのタイプに当てはめます。
75.gif/image-size:258×267
  • PとMが共に弱い pm型 に分類されます。
  • Pが弱く、Mが強い pM型 に分類されます。
  • PとMが共に強い PM型 に分類されます。
  • 正しい。Pが強く、Mが弱い Pm型 に分類されます。
© 2010-2018 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop