労働関連・取引関連法規 (全15問中5問目)

No.5

情報システム開発において適用される契約形態のうち,準委任契約について説明したものはどれか。
  • 業務分析やIT戦略のコンサルティングなど,作業や事務の遂行を約束する契約である。仕事の完成は約束されないが,委託元の求めに応じて報告の義務がある。
  • ハードウェアやソフトウェアパッケージを貸主から借り受け,一定期間にわたって使用することに対する費用の支払を定めた契約である。
  • 派遣元が雇用する社員を派遣先に派遣し,派遣先の上司の指揮命令や時間管理の下に派遣された社員がシステムの開発や運用に従事する契約である。
  • プログラムの制作など,仕様書などに従って定められた仕事の完成を約束する契約である。仕事の進め方は受託側の自由裁量が認められている。

分類

ストラテジ系 » 法務 » 労働関連・取引関連法規

正解

解説

準委任契約は、通常の委託契約(請負契約)と同様に別の組織に業務を委託する契約ですが、仕事の完成を契約の目的とする請負契約と異なり、委託された仕事の実施自体を目的とする契約形態です。受託者は善良な管理者の注意をもって委任事務を処理する義務を負うものの、仕事の完成についての義務は負いません。主に業務分析や要件定義、総合テスト工程などの成果物が特定されていない状況で結ばれます。
80.gif/image-size:365×169
したがって「ア」が正解です。
  • 正しい。準委任契約の説明です。
  • リース契約の説明です。
  • 労働者派遣契約の説明です。
  • 請負契約の説明です。
© 2010-2018 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop