システムの構成 (全87問中59問目)

No.59

NAS(Network Attached Storage)を導入する利点はどれか。
  • 直接LANに接続し,異なるOSの複数のコンピュータでファイルを共有することができる。
  • データをブロック単位で共有し,高いスループットを実現することができる。
  • ネットワークへの負荷を軽減し,ファイバチャネルを介した高速なデータ送受信を行うことができる。
  • 汎用サーバに構築されたファイルシステムを共有し,ファイル利用の自由度を高めることができる。

分類

テクノロジ系 » システム構成要素 » システムの構成

正解

解説

NAS(Network Attached Storage)は、TCP/IPのコンピュータネットワークに直接接続して使用するファイルサーバで、コントローラとハードディスクから構成されています。
ファイルサービス専用のコンピュータであり、専用化や用途に合うようにチューニングされたOSなどにより、高速なファイルサービスと容易な管理機能を持ちます。
  • 正しい。
  • ストレージエリアネットワーク(SAN)の説明です。NASではファイル単位の処理、SANではディスクブロック単位の処理が行われます。
  • ストレージエリアネットワーク(SAN)の説明です。ファイバチャネルは、ギガビット級ネットワークでコンピュータ間や記憶装置間を結ぶ技術です。ファイバチャネルを標準規格とするSANを導入にすることによってLANなどにかかる負荷の軽減が期待できます。
  • NASは、ファイルサービス用にチューニングされたOSを搭載します。
© 2010-2018 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop