オペレーティングシステム (全95問中29問目)

No.29

ページング方式の仮想記憶において,ページフォールト発生時のオーバヘッドによる1命令当たりの平均遅れ時間を求める式はどれか。

〔記号の説明〕
  • t:1回当たりのページフォールト処理時間
  • f:ページフォールト発生率
  • m:1命令当たりの平均主記憶アクセス回数

分類

テクノロジ系 » ソフトウェア » オペレーティングシステム

正解

解説

1命令当たりの平均遅れ時間は、1命令当たりのページフォールトの発生回数×1回当たりのページフォールト処理時間(t)で計算することができます。
1命令当たりのページフォールトの発生回数は、1命令当たりの平均主記憶アクセス回数(m)×ページフォールト発生率(f)の発生率でわかるので、1命令当たりの平均遅れ時間は、上記2つの式を合わせた

 t×f×m

で計算することができます。
© 2010-2018 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop