オペレーティングシステム (全95問中59問目)

No.59

ページング方式の仮想記憶において,あるプロセスが仮想アドレス空間全体に対応したページテーブルを持つ場合,ページテーブルに必要な領域の大きさを2xバイトで表すとすると,xを表す式はどれか。ここで,仮想アドレス空間の大きさは2Lバイト,ページサイズは2Nバイト,ページテーブルの各エントリの大きさは2Eバイトとし,その他の情報については考慮しないものとする。

分類

テクノロジ系 » ソフトウェア » オペレーティングシステム

正解

解説

ページングは、仮想記憶管理方式の一つで仮想アドレス空間を「ページ」と呼ばれる固定長の区画に分割,同時に主記憶上も同じように固定長に分割して、このページ単位で主記憶と補助記憶装置のアドレス変換を行う方式です。
ページング方式においては、仮想アドレスと物理アドレスとの対応を記録しておくアドレス対応表がページテーブルです。

仮想アドレス空間の大きさが 2Lバイト、個々のページサイズが 2Nバイトなので、仮想アドレス空間に存在するページの数は、

 2L/2N=2L-N

で表すことができます。

次にページテーブルの各エントリの大きさは 2Eバイトなので、ページテーブルの大きさは、

 2L-N×2E=2L-N+E

です。

つまりxの部分に入る式は、L−N+Eということになります。
© 2010-2018 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop