オペレーティングシステム (全95問中63問目)

No.63

ファイル領域割当て方式のうち,連続したブロックにすき間なく格納する方式と比較したときの,ブロックをリンクで連結する方式の特徴として,適切なものはどれか。
  • ファイル作成時に必要なブロック数を割り当てるので,領域の拡張が難しい。
  • ファイルに対する直接アクセスの効率が良い。
  • ファイルの作成と削除を繰り返しても,ファイルに割り当てられない無駄な領域が発生しない。
  • ファイルは開始ブロック位置とブロック数で管理されるので,領域管理が容易である。

分類

テクノロジ系 » ソフトウェア » オペレーティングシステム

正解

解説

問題文の記述のうち、連続したブロックにすき間なく格納する方式を「連続格納方式」、ブロックをリンクで連結する方式を「リンク連結方式」として解説しています。
  • リンク連結方式では、追加領域として空ブロックのどれもが使えるため拡張に柔軟です。逆に連続格納方式では、割り当てられた領域に隣接する場所が他のファイルによって使用されている場合などは拡張ができないなどの制限が生じます。
  • リンク連結方式では、格納場所が散らばっているので連続格納方式に比べて連続したデータの読み出し効率は低下します。
  • 正しい。リンク連結方式では、サイズが小さい空き領域でもファイルの格納領域として割当て可能のため使用効率は高くなります。
  • リンク連結方式では、開始ブロック位置とブロック数の他に離れたブロック同士を連結するための参照リンクが必要となります。
© 2010-2018 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop