オープンソースソフトウェア (全14問中14問目)

No.14

OSS(Open Source Software)の特徴のうち,適切なものはどれか。ただし,OSSはOSI(Open Source Initiative)によるOSD(The Open Source Definition)の定義に基づくものとする。
  • OSSはフリーウェアと同様に無償で入手できるが,商用システムの開発への利用は禁止されている。
  • OSSをパッケージ化したり,自社のソフトウェアを組み合わせたりして,有償で販売することができる。
  • システム開発で利用できるようにソースコードで入手できるが,利用者数がある数以上になるとライセンス料が発生する。
  • 複製と改良は自由にできるが,改良したソフトウェアを再頒布することはできない。

分類

テクノロジ系 » ソフトウェア » オープンソースソフトウェア

正解

解説

オープンソースソフトウェアを促進することを目的とする組織であるOSI(Open Source Initiative)が策定したオープンソースの定義(OSD:The Open Source Definition)では、オープンソースライセンスが満たす条件として以下の要件を掲げています。
  1. 自由な再頒布ができること
  2. ソースコードを入手できること
  3. 派生物が存在でき、派生物に同じライセンスを適用できること
  4. 差分情報の配布を認める場合には、同一性の保持を要求してもかまわない
  5. 個人やグループを差別しないこと
  6. 利用する分野を差別をしないこと
  7. 再配布において追加ライセンスを必要としないこと
  8. 特定製品に依存しないこと
  9. 同じ媒体で配布される他のソフトウェアを制限しないこと
  10. 技術的な中立を保っていること
この定義をもとに考えると、
  • 利用分野に対する制限はありません。
  • 正しい。ソフトウェアは販売することが可能です。
  • ライセンス料が発生することはありません。
  • 派生ソフトウェアも再頒布することができます。
© 2010-2018 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop