資源マネジメント (全9問中7問目)

No.7

教育技法の説明のうち,適切なものはどれか。
  • インバスケットは,一定時間内に数多くの問題を処理させることによって,問題の関連性,緊急性,重要性などに対する総合的判断力を高める技法である。
  • ケーススタディは,日常の開発業務の中で,先輩や上司が個別に指導し,実体験から知識を習得させる技法である。
  • ブレーンストーミングは,参加者に特定の役割を演技させることによって,各立場の理解や問題解決力を高める技法である。
  • ロールプレイングは,参加者のアイディアを批判することなく,またそのアイディアから新たなアイディアを導き出そうとする創造的問題解決に適した技法である。
  • [この問題の出題歴]
  • ソフトウェア開発技術者 H19春期 問47

分類

マネジメント系 » プロジェクトマネジメント » 資源マネジメント

正解

解説

  • 正しい説明です。
  • オンザジョブトレーニングの説明です。
  • ロールプレイングの説明です。
  • ブレーンストーミングの説明です。
© 2010-2018 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop