ファシリティマネジメント (全2問中1問目)

No.1

空調計画における冷房負荷には,"外気負荷","室内負荷","伝熱負荷","日射負荷"などがある。冷房負荷の軽減策のうち,"伝熱負荷"の軽減策として,最も適切なものはどれか。
  • 使用を終えたらその都度PCの電源を切る。
  • 隙間風や換気による影響を少なくする。
  • 日光が当たる南に面したガラス窓をむやみに大きなものにしない。
  • 屋根や壁面の断熱をおろそかにしない。

分類

マネジメント系 » サービスマネジメント » ファシリティマネジメント

正解

解説

冷房負荷は、室内の温度・湿度を一定に保つために、空気から取り除くべき熱量をいいます。太陽熱、室外から侵入する空気内の熱、機器・照明の熱、室内外の温度差による窓や壁からの伝熱などがあります。
このうち伝熱負荷は、壁や窓を通じて室外から室内に伝わる熱量を示します。したがって「エ」の対策が適切です。
  • 室内負荷の軽減策です。
  • 外気負荷の軽減策です。
  • 日射負荷の軽減策です。
  • 正しい。伝熱負荷の軽減策です。
© 2010-2018 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop