システム監査 (全47問中10問目)

No.10

システム監査報告書に記載された改善勧告への取組みに対する監査人のフォローアップとして,適切なものはどれか。
  • 改善勧告に対する改善の実施を被監査部門の長に指示する。
  • 改善勧告に対する被監査部門の改善実施状況を確認する。
  • 改善勧告に対する被監査部門の改善実施プロジェクトの管理を行う。
  • 改善勧告の内容を被監査部門に示した上で改善実施計画を策定する。

分類

マネジメント系 » システム監査 » システム監査

正解

解説

システム監査人は、監査の結果に基づいて所要の措置が講じられるよう、適切な指導を行う役割をもちます。フォローアップは、システム監査後に監査人が被監査側に対して行う改善指導です。ただし、監査人が行うのは指導に留まり、改善活動自体は被監査側が主体となって実施します。

この関係性を念頭におくと「改善計画の策定」「改善計画の実施」「実施の報告」はどれも被監査側が行うべきことだと判断できます。監査人の役割は被監査側が実施する改善計画を見守り、改善計画が適切に遂行されるように助言を行うことです。したがって「イ」が正解です。
© 2010-2018 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop