情報システム戦略 (全38問中10問目)

No.10

情報化投資計画において,投資価値の評価指標であるROIを説明したものはどれか。
  • 売上増やコスト削減などによって創出された利益額を投資額で割ったもの
  • 売上高投資金額比,従業員当たりの投資金額などを他社と比較したもの
  • 現金流入の現在価値から,現金流出の現在価値を差し引いたもの
  • プロジェクトを実施しない場合の,市場での競争力を表したもの
  • [この問題の出題歴]
  • 応用情報技術者 H23秋期 問60
  • 基本情報技術者 H25春期 問61

分類

ストラテジ系 » システム戦略 » 情報システム戦略

正解

解説

ROI(Return On Investment,投資利益率)は、効果金額を投資額で割ったもので、投資額に対してどれだけ経常利益を生み出しているかを見る尺度です。値が大きいほど稼ぐ力が強いということになります。
  • 正しい。ROIの説明です。
  • IT投資評価の手法の一つである他社比較(ベンチマーク)の説明です。
  • NPV(Net Present Value,正味現在価値)の説明です。
  • IT投資評価に関わる概念の一つである機会損失の説明です。
ここで出題されている各IT投資評価の手法は、下記リンク(PDF)の11ページ 2.2.1 IT 投資評価の方法にて一覧表になっています。参考にしてみてください。
参考URL: 経済産業省「IT投資価値評価ガイドライン(試行版)」
 http://www.meti.go.jp/policy/it_policy/softseibi/%28test%29ITinvestment-valuationGL.pdf
© 2010-2018 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop