情報システム戦略 (全38問中11問目)

No.11

"システム管理基準"によれば,情報戦略における情報システム全体の最適化目標を設定する際の留意事項はどれか。
  • 開発,運用及び保守の費用の算出基礎を明確にすること
  • 開発の規模,システム特性等を考慮して開発手順を決めておくこと
  • 経営戦略との整合性を考慮すること
  • 必要な要員,予算,設備,期間等を確保すること
  • [この問題の出題歴]
  • 基本情報技術者 H24秋期 問61

分類

ストラテジ系 » システム戦略 » 情報システム戦略

正解

解説

システム管理基準は、情報戦略を立案し,効果的な情報システム投資とリスクを低減するためのコントロールを適切に整備・運用するための287事項をとりまとめたものです。

この文書の中で「全体最適化の方針・目標」を設定する際の留意事項として次の6つが挙げられています。
  1. ITガバナンスの方針を明確にすること。
  2. 情報化投資及び情報化構想の決定における原則を定めること。
  3. 情報システム全体の最適化目標を経営戦略に基づいて設定すること。
  4. 組織体全体の情報システムのあるべき姿を明確にすること。
  5. システム化によって生ずる組織及び業務の変更の方針を明確にすること。
  6. 情報セキュリティ基本方針を明確にすること。
上記の項目の中で「情報システム全体の最適化目標を経営戦略に基づいて設定すること。」が選択肢の「経営戦略との整合性を考慮すること」と同義なので「ウ」が正解です。
  • 開発計画を策定する際の留意事項です。
  • 開発計画を策定する際の留意事項です。
  • 正しい。最適化目標を設定する際の留意事項です。
  • 調達を実施する際の留意事項として記述されています。
© 2010-2018 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop