入出力デバイス (全12問中7問目)

No.7

シリアルATAによる内蔵周辺機器の接続方式を説明したものはどれか。
  • ホストコントローラからのケーブルには,マスタとスレーブの2台の周辺機器が接続できる。
  • ホストコントローラと周辺機器は,デイジーチェーンやツリー構造で接続できる。
  • ホストコントローラと周辺機器は,ハブを介して接続する。
  • ホストコントローラとポイントツーポイントで周辺機器を接続する。

分類

テクノロジ系 » コンピュータ構成要素 » 入出力デバイス

正解

解説

シリアルATA(SATA:Serial Advanced Technology Attachment)は、コンピュータにハードディスクや光学ドライブなどを接続するためのインターフェース規格です。
それまでのパラレルATAが、1本のケーブルにつき2台の機器が接続できるマスタ・スレーブ接続だったのに対して、シリアルATAでは、1本のケーブルに1つの機器を接続するポイントツーポイントの接続形態を採用しています。
  • パラレルATAの説明です。
  • IEEE1394の説明です。
  • USB(Universal Serial Bus)の説明です。
  • 正しい。
© 2010-2018 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop