オペレーティングシステム (全95問中15問目)

No.15

ノンプリエンプティブだけのスケジューリング方式はどれか。
  • 残余処理時間順
  • 到着順
  • 優先度順
  • ラウンドロビン

分類

テクノロジ系 » ソフトウェア » オペレーティングシステム

正解

解説

ノンプリエンプティブとは、マルチタスクOS上で実行されているタスクの切替をプログラム自身に任せ、プログラムがCPUを自発的に開放したタイミングで他のタスクへの切り替えを行うマルチタスク制御方式のことをいいます。OSがCPUを管理しないので、1つのプログラムを実行中は、その他のプログラムの実行は制限されます。
ノンプリエンプティブとは逆に、OSがCPU割り当てを管理し、状況の変化に応じてタスクの切り替えを行う考え方は「プリエンプティブなタスクスケジューリング」といいます。
  • 残余処理時間順は、残りの処理時間が短いと推定されるタスクから優先的に処理していく方式です。実行中のタスクよりも残り処理時間が短いタスクが実行可能状態になった場合、OSによりタスクの切替えが行われます。
  • 正しい。到着順方式は、実行中のタスクが終了するまでタスクの切替えが行われないという特徴があるため、ノンプリエンプション方式に分類されます。
  • 優先度順方式では、実行中のタスクよりも優先度の高いタスクが実行可能状態になった場合、OSによりタスクの切替えが行われます。
  • ラウンドロビン方式は、実行可能状態となった順に従ってタスクに一定のCPU時間(タイムクウォンタム)を与えていくタスクスケジューリング方式です。一定時間内に処理が終わらなかったタスクは、OSにより実行可能状態の待ち行列の最後尾に移されます。
© 2010-2018 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop