ヒューマンインタフェース技術 (全14問中12問目)

No.12

Webアクセシビリティに配慮した画面設計のうち,適切なものはどれか。
  • head要素の中のtitle要素を同一にして,各ページに同じ表題を付ける。
  • 確認は緑,取り消しは赤などのように,共通に使用されるボタンには色だけで判別できるようにする。
  • 仮名入力欄の前には,"フリガナ(カタカナで入力)"のように,仮名の種類も明記する。
  • ハイパリンク及びボタンは,操作性を良くするために隣り合うものとの間隔を狭くとる。

分類

テクノロジ系 » ヒューマンインタフェース » ヒューマンインタフェース技術

正解

解説

Webアクセシビリティとは、「年齢や身体的制約・利用環境などにかかわらず、Webサイトにアクセスできサイト内を利用できるように配慮する」という設計方針です。
  • title要素が同じだと、ブラウザの上部に表示される文字列がサイト中ですべて同じになり、これが何についてのページなのかが、わかりにくくなってしまいます。
  • 色だけの判別では、目に身体的制約を持つユーザへの配慮が足りません。
  • 正しい。利用者の年齢には配慮して、正しい入力を促すための設計方針です。
  • 操作性を良くし、マウス操作に慣れていないユーザの操作ミスを防ぐには、要素同士の間隔を少し広めにとったほうがいいと思われます。
© 2010-2018 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop