システムの評価指標 (全67問中62問目)

No.62

故障発生率が1.0×10-6回/秒である機器1,000台が稼働している。200時間経過後に,故障していない機器の平均台数に最も近いものはどれか。
必要であれば,故障発生率をλ回/秒,稼働時間をt秒とする次の指数関数のグラフから値を読み取って,計算に使用してよい。
34.gif/image-size:284×310
  • [この問題の出題歴]
  • ソフトウェア開発技術者 H16春期 問38

分類

テクノロジ系 » システム構成要素 » システムの評価指標

正解

解説

グラフを利用して解きます。

グラフの横軸である「λt」の値を知りたいので、故障発生率(λ)×稼働時間(t)を計算します。200時間を秒に直すと、

 200×3,600=720,000=7.2×105(秒)

となるので「λt」は、

 1.0×10-6×7.2×105
=7.2×10-1
0.72

グラフより「λt」が0.72の時のF(t)はおよそ 0.5 と読み取れるので、200時間稼働後に故障していない機器の台数は、

 1,000×0.5=500(台)

したがって「イ」が正解です。
34a.gif/image-size:290×310
© 2010-2018 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop