オペレーティングシステム (全95問中56問目)

No.56

OSの記憶管理機能a〜cに対応する適切な用語の組合せはどれか。
27.gif/image-size:424×125
  • [この問題の出題歴]
  • 基本情報技術者 H17秋期 問30
  • ソフトウェア開発技術者 H16春期 問29

分類

テクノロジ系 » ソフトウェア » オペレーティングシステム

正解

解説

OSの記録管理機能に関連する3つの手法の意味は次の通りです。
オーバレイ
データ量が大きく主記憶に格納しきれないプログラムを、いくつかのブロックに分解し、主記憶にはその時点で必要となる部分だけをロードする実記憶の管理方式。
ページング
主記憶上に存在するプログラムやデータと、補助記憶装置上にある必要なプログラムやデータの入替えを、ページと呼ばれる固定長の単位で行う仮想記憶方式。
スワッピング
プログラムやデータの優先度に応じて主記憶の内容と補助記憶装置の内容を入れ替えながら処理を行う実記憶の管理方式。
a=オーバレイ,b=ページング,c=スワッピング が適切な対応なので、正解は「ア」です。
© 2010-2018 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop