HOME»応用情報技術者試験掲示板»平成28年秋期午後問1 設問3 (1)

応用情報技術者試験掲示板

掲示板検索:

平成28年秋期午後問1 設問3 (1)[2081]

mikaさん(No.1)

https://www.ap-siken.com/kakomon/28_aki/pm01.html

正解:漏えいしても元の指紋全体を再現できないか
に対し、以下としましたがNGでしょうか。
私の解答:指紋特徴点だけでは元の指紋全体を再現できないから

「万が一指紋情報が漏えいした場合でも@実害が少ないと考えて,〜」と記載があり、正解に記載のある「漏えいしても」は冗長であり不要に感じています。

2020.08.01 17:09
助け人さん(No.2)

IPAの解答例は、下線の前に書いてある内容や、設問に書いてある内容を冗長ながらもそれを含めているパターンがよくみられます。

この設問では、「元の指紋全体を再現できないから(15字)」で十分です。

「25字以内で」とあるので、若干字数を増やした方がいいと考えてその時間の余裕があれば、「漏えいした場合でも(←本文に「漏えいしても」とはない)・・・(24字)」または「指紋特徴点だけでは・・・(24字)」でしょう。

では、なぜ「20字以内で」とせずに「25字以内で」としたかは、想像ですが、上記の24字の解答でも収まるように配慮したのだと思います。

2020.08.03 06:50

【返信投稿用フォーム】

お名前(10文字以内)

顔アイコン


本文(2,000文字以内)

記事削除用パスワード(20文字以内)

プレビュー

※宣伝や迷惑行為を防止するため当サイトとIPAサイト以外のURLを含む記事の投稿は禁止されています。

投稿記事削除用フォーム

投稿No. パスワード 
© 2010-2020 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop