HOME»ソフトウェア開発技術者平成20年春期

ソフトウェア開発技術者(現:応用情報) 平成20年春期問題

【試験データ】
開催日平成20年4月20日
応募者数52,539人
受験者数31,602人
合格者数5,371人
合格率17.0%
過去問PDF 午前問題  午前解答
 午後T問題  午後T解答
 午後U問題  午後U解答
 得点分布
配布元URLIPA 20年春期試験

平成20年春期 午前問題

No論点分類解説
問1シフト演算離散数学
問2浮動小数点表示法離散数学
問3けた落ちを防ぐ方法離散数学
問42進数2けたを表す式応用数学
問5否定論理積(NAND)の論理式離散数学
問6集合離散数学
問7ハミング符号通信に関する理論
問8逆ポーランド表記法情報に関する理論
問9完全2分木の特徴データ構造
問10ビット列操作のアルゴリズムアルゴリズム
問11データの整列方法に関する記述アルゴリズム
問12ハッシュ値の衝突アルゴリズム
問13流れ図での実行回数アルゴリズム
問14並列処理の同期制御アルゴリズム
問15DDR-SDRAMの特徴ハードウェア
問16DRAMの特徴メモリ
問17パイプライン処理時間プロセッサ
問18キャッシュメモリ制御メモリ
問19RAIDの分類システムの構成
問20シリアルATAの接続形態入出力デバイス
問21画面表示に必要なメモリ量メモリ
問22ページテーブルのサイズオペレーティングシステム
問23仮想記憶方式に関する記述オペレーティングシステム
問24リアルタイムシステムのタスク管理オペレーティングシステム
問25タスクの状態遷移オペレーティングシステム
問26ファイル領域割当て方式オペレーティングシステム
問27バッファキャッシュオペレーティングシステム
問283層クライアントサーバシステムシステムの構成
問29NASを導入する利点システムの構成
問30グリッドコンピューティングシステムの構成
問31M/M/1の待ち行列モデル応用数学
問32マルチプロセッサの性能向上率プロセッサ
問33システムの稼働率システムの評価指標
問34フェールソフトシステムの構成
問35バスタブ曲線システムの評価指標
問36再入可能プログラムオペレーティングシステム
問37クロスコンパイラ開発ツール
問38OSS利用の留意点オープンソースソフトウェア
問39EJB(Enterprise JavaBeans)ミドルウェア
問40プロセス成熟度モデル開発プロセス・手法
問41インヘリタンスに関する記述ソフトウェア方式設計・詳細設計
問42データ中心分析・設計技法ソフトウェア方式設計・詳細設計
問43モジュール結合度が最も弱いものソフトウェア方式設計・詳細設計
問44UMLソフトウェア要件定義
問45分岐網羅の説明ソフトウェア構築
問46プログラムテストソフトウェア構築
問47標準タスク法コストマネジメント
問48開発工数と規模の関係式コストマネジメント
問49問題管理プロセスサービスマネジメントプロセス
問50ソフトウェアの保守管理保守・廃棄
問51IPv6で追加・変更されたものネットワーク方式
問52NAPTネットワーク方式
問53サブネットマスク通信プロトコル
問54DNSに関する記述通信プロトコル
問55IMAP4ネットワーク応用
問56PPPに関する記述通信プロトコル
問57IEEE802.3データ通信と制御
問58通信量の計算ネットワーク方式
問59レイヤ2スイッチデータ通信と制御
問60IPパケットのヘッダ情報通信プロトコル
問61導出表データ操作
問62データベースの論理モデルデータベース方式
問63関係モデルの正規形データベース設計
問64関係代数における直積データ操作
問65SQL文の結果データ操作
問66デッドロックトランザクション処理
問67DBMSの障害回復トランザクション処理
問68ストアドプロシージャシステムの構成
問69ACID特性トランザクション処理
問70サニタイジングセキュリティ実装技術
問71認証局の公開鍵の使途情報セキュリティ
問72ブルートフォース攻撃情報セキュリティ
問73暗号方式に関する記述情報セキュリティ
問74パターンマッチング方式情報セキュリティ対策
問75パケットフィルタリングルールセキュリティ実装技術
問76完全性を脅かす攻撃情報セキュリティ管理
問77IT統制内部統制
問78JIS Q 9000 妥当性確認標準化関連
問79セキュリティ規格標準化関連
問80日本工業標準調査会標準化関連
© 2010-2018 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop