HOME»応用情報技術者試験掲示板»平成25年秋期午後問10

応用情報技術者試験掲示板

掲示板検索:

[2846]平成25年秋期午後問10

 げんげんさん(No.1) 
https://www.ap-siken.com/kakomon/25_aki/pm10.html
設問4(2)「社外ネットワークの影響を受け情報システム部の努力ではどうしようもできないため」と回答したところ判定が0%になりました。

目標保証型では情報システム部が〜保証する義務があると記述されていたので、この人達が努力すれば必ず達成でき保証できるものを目標保証型にすると認識していて、努力目標型では外的要因などによりこの人達が努力してもどうしよもできないものを割り当てると思っていたのですが違いますか??
ちなみに「社外ネットワークの影響を受けるため」だけだと100%になりました。
2021.09.14 15:31
AgentTakaさん(No.2) 
AP・シルバーエキスパート
げんげんさん
こんばんは

まず判定は目安として捉えた方がよろしいかと存じます。正確なジャッジをするにはAIが当たり前の時代までもう少しです。
さて、インターネット回線はベストエフォート型で最大限の努力はするが保証はしない回線です。
一方で専用線にはギャランティ型といって性能を保障するものもございます。
問題文より
「努力目標型では,取り決めたサービスレベルは努力目標にとどまり,サービスレベルの達成,維持に向けて継続的な改善努力を行うことで,情報システム部と利用部門とが合意する。」とあるように、目標保証型と違って義務はないものの努力は続けなければならない状況設定ですよね。
ここで情報システム部の努力ではどうしようもできない、と締めくくってしまうと、ん?努力を継続するんじゃなかったんですか?とツッコミ入りますよね。目標値を実現する為インターネットから専用線に切り替えることも視野に入れていいはずです。
よって、解答はインターネットはベストエフォートであることを前提にした解答とすべきで、継続した努力を断ち切ってしまうげんげんさんの解答は正解を頂けないもとの想像します。
いかがでしょうか。
2021.09.14 20:17
AgentTakaさん(No.3) 
AP・シルバーエキスパート
一昔前は取った駒を持ち駒として使える将棋はコンピュータでは人間に勝てない、と言われていましたが今ではAIの方が強くてプロ棋士でも勝てない時代になってます。
ドットコム様の判定やIPAの採点もいずれAIが間違いのない正確なジャッジをしてくれる時代がもうすぐそこまで来ています。
そうしたら合格発表まで2か月も待たなくていい受験者ビリティが高い時代になることでしょう!
2021.09.14 20:28

【返信投稿用フォーム】

お名前(10文字以内)

顔アイコン


本文(2,000文字以内)

投稿削除用のパスワード(20文字以内)

プレビュー
※宣伝や迷惑行為を防止するため、当サイトとIPAサイト以外のURLを含む文章の投稿は禁止されています。

投稿記事削除用フォーム

投稿No. パスワード 
© 2010-2021 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop