HOME»応用情報技術者試験掲示板»副読本どちらがいいか
投稿する

[4828] 副読本どちらがいいか

 たそがれさん(No.1) 
初めまして。たそがれと申します。4月に応用情報を初受験します。いろいろと説明は割愛しますが、応用情報午後の副読本で迷っています。

選択は今のところ(セキュリティ)、経営戦略、システムアーキテクチャ、データベース、組み込み、サービスマネジメントを予定しています。

副読本として迷っているのが「暗号技術入門」と「マスタリングTCP/IP入門編」です。ネットワークは選択しない予定なのですが、ネットワークの基礎的な知識はセキュリティにもシステムアーキテクチャにも必要かと思い、迷っています。

2つ読むという手もありますが、残り約2か月で2冊読み切るのは少々気が遠くなりそうなので、1つに絞りたいです。どちらがオススメか、それともこの本もオススメだよ~というのがあったら教えて頂きたいです!
2024.02.10 01:31
Aさん(No.2) 
どちらも合格するためだけならば買わなくて良いと思う
一般的な午後対策の本を二冊目として買った方が良さそう
2024.02.10 05:59
 たそがれさん(No.3) 
Aさん
なるほどです...!やはり上記2冊は重すぎますかね~
午後対策として重点対策は持っているのですが、2冊目として「情報処理教科書 出るとこだけ!応用情報技術者[午後]」が気になっているのですがこの本いいと思いますか?自分で考えろという話ですが...
2024.02.10 13:59

返信投稿用フォーム

スパム防止のためにスレッド作成日から30日経過したスレッドへの書込みはできません。
© 2010-2024 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop