オリジナル模擬試験1 問56

問56

工数が500人日と見積もられた開発プロジェクトを4人で開始したが、開発に遅れが出てきた。あと25日残すところで、まだ160人日の工数が必要と見込まれるので、プログラマを増やすことにした。次のような条件がある場合、予定どおり、あと25日で開発プロジェクトを完了するには、少なくとも何人のプログラマを増やせばよいか。

〔条件〕
  • 増員するプログラマは最初の10日間はプロジェクトの学習をそれぞれ行うものとする。
  • プログラマを増員することによる作業の再分割やその後のコミュニケーションのオーバヘッドなどは無視できる。
  • 増員するプログラマの生産性は、当初からのプログラマの生産性と変わらないものとする。

分類

マネジメント系 » プロジェクトマネジメント » プロジェクトの時間

正解

解説

プログラマ一人が一日に行う工数が1人日です。

残り工数が160人日、現状の4人がそのまま25日間の作業を行った場合の作業工数は(4×25=)100人日なので、
 160人日 - 100人日 = 60人日

と、残り25日にして60人日の遅れが発生していることになります。

追加要員は、25日間のうち最初の10日はプロジェクトの学習のため作業ができないので、実動15日と考えることができます。

追加要員一人あたり(1×15=)15人日の作業を行うことができるので、60人日分の遅れを取り戻すには、
 60人日 ÷ 15人日 = 4人

以上の計算から、あと25日で開発プロジェクトを完了するには、4人の追加要員を増やせばよいことになります。
© 2010-2021 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop