応用情報技術者令和2年秋期 午前問15

午前問15

次のシステムにおいて,ピーク時間帯のCPU使用率は何%か。ここで,トランザクションはレコードアクセス処理と計算処理から成り,レコードアクセスはCPU処理だけで入出力は発生せず,OSのオーバヘッドは考慮しないものとする。また,1日のうち発生するトランザクション数が最大になる1時間をピーク時間帯と定義する。

〔システムの概要〕
  • CPU数:1個
  • 1日に発生する平均トランザクション数:54,000件
  • 1日のピーク時間帯におけるトランザクション数の割合:20%
  • 1トランザクション当たりの平均レコードアクセス数:100レコード
  • 1レコードアクセスに必要な平均CPU時間:1ミリ秒
  • 1トランザクション当たりの計算処理に必要な平均CPU時間:100ミリ秒
  • [この問題の出題歴]
  • 応用情報技術者 H27秋期 問13
  • 応用情報技術者 H29秋期 問14

分類

テクノロジ系 » システム構成要素 » システムの評価指標

正解

解説

1日に発生する平均トランザクション数のうち、ピーク時間帯におけるトランザクション数は、

 54,000件×20%=10,800件

また、1トランザクション当たりの平均CPU時間は、レコードアクセス時間と計算処理時間の合計なので、
  • レコードアクセス:100件×1ミリ秒=100ミリ秒
  • 計算処理:100ミリ秒
より、1トランザクション当たり200ミリ秒とわかります。

ピーク時間帯における総CPU使用時間は、

 10,800件×200ミリ秒=2,160,000ミリ秒=2,160秒

CPU数は1なので、ピーク時間帯の1時間(=3,600秒)におけるCPU使用率は、

 2,160秒÷3,600秒=0.6→60%

よって「エ」が正解です。
© 2010-2021 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop