応用情報技術者令和3年秋期 午前問18

午前問18

分散開発環境において,各開発者のローカル環境に全履歴を含んだ中央リポジトリの完全な複製をもつことによって,中央リポジトリにアクセスできないときでも履歴の調査や変更の記録を可能にする,バージョン管理ツールはどれか。

分類

テクノロジ系 » ソフトウェア » 開発ツール

正解

解説

  • Apache Subversionは、単一の中央リポジトリを全員が編集する集中型のバージョン管理ツールです。分散リポジトリのサポートはありません。
  • CVS(Concurrent Versions System)は、ソースコードなどのテキストファイルを共有し、その変更を記録し管理するツールです。サーバ上の共有ファイルを全員が編集する集中型で、分散リポジトリのサポートはありません。
  • 正しい。Git(ギット)は、各自が完全なリポジトリを保有できる分散型のバージョン管理ツールです。元々はLinuxのソースコード管理に用いるために開発されたツールですが、現在では多くのプロジェクトのソースコード管理に利用されています。
    Gitでは、リポジトリの完全なコピーをローカル環境に保持することができるので、中央リポジトリにアクセスできないときでも、変更履歴を調査したり変更を記録したりすることなどが可能です。
  • RCS(Revision Control System)は、ファイル単位で変更を管理する初期のバージョン管理システムです。複数人での作業やプロジェクトのサポートがありません。
© 2010-2022 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop