応用情報技術者令和4年秋期 午前問72

問72

構成表の製品Aを300個出荷しようとするとき,部品bの正味所要量は何個か。ここで,A,a,b,c の在庫量は在庫表のとおりとする。また,他の仕掛残,注文残,引当残などはないものとする。
72.gif/image-size:417×144
  • 200
  • 600
  • 900
  • 1,500
  • [出題歴]
  • 初級シスアド H19春期 問76
  • 応用情報技術者 H29秋期 問70
  • 基本情報技術者 H21秋期 問73

分類

ストラテジ系 » 企業活動 » 業務分析・データ利活用

正解

解説

製品Aの在庫は100個なので、300個出荷するには残り200個を製造しなければなりません。

製品Aを1個作るためには部品aが3個、部品bが2個必要なので、200個製造するには、部品aが600個、部品bが400個必要となります。

さらに部品aを1つ製造するためには、部品bが1個、部品cが2個必要です。600個のうち100個は在庫を使用するので残りの500個を製造するためには、部品bが500個、部品cが1,000個必要となります。
72a.gif/image-size:467×152
ここまでに必要になった部品bの数量は、

 400+500=900個

ここから部品bの在庫300個を引くと、

 900−300=600個

したがって、部品bの正味所要量は600個であることがわかります。
© 2010-2024 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop