応用情報技術者令和4年春期 午前問64

午前問64

IT投資効果の評価方法において,キャッシュフローベースで初年度の投資によるキャッシュアウトを何年後に回収できるかという指標はどれか。

  • IRR(Internal Rate of Return)
  • NPV(Net Present Value)
  • PBP(Pay Back Period)
  • ROI(Return On Investment)

分類

ストラテジ系 » システム企画 » システム化計画

正解

解説

  • IRR(Internal Rate of Return)は、投資により将来得られるキャッシュフローの現在価値と投資額の現在価値とが等しくなる割引率(内部収益率)を求め、投資により見込まれる内部収益率が本来得るべき利回りより大きいかどうかで投資の可否を判断する手法です。
  • NPV(Net Present Value)は、投資により得られるキャッシュフローを現在価値に換算し、そこから投資額を引いた正味現在価値を求め、その額が0(ゼロ)を上回っているかどうかで投資の可否を判断する手法です。
  • 正しい。PBP(Pay Back Period)は、投資した資金をどれだけの期間で回収できるかをキャッシュフローベースで算定し、それを組織内の基準と比較することで投資の有効性を評価する手法です。回収期間法やペイバック法と呼ばれることもあります。
  • ROI(Return On Investment)は、投資額に対する利益の割合で投資効果を評価する手法です。
© 2010-2022 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop