ソフトウェア開発技術者平成15年春期 午前問68

午前問68

LANにおいて,伝送距離を延長するために伝送路の途中でデータの信号波形を整形・増幅して,物理層での中継を行う装置はどれか。
  • ゲートウェイ
  • ブリッジ
  • リピータ
  • ルータ
  • [この問題の出題歴]
  • 基本情報技術者 H20秋期 問54
  • 基本情報技術者 H23特別 問38
  • 基本情報技術者 H26秋期 問32

分類

テクノロジ系 » ネットワーク » データ通信と制御

正解

解説

リピータは、データ伝送中に弱くなった電気信号を増幅し、データの伝送可能距離を延長するLAN間接続装置です。OSI基本参照モデルの物理層での接続を行います。
  • ゲートウェイは、OSI基本参照モデルの全階層(主に4層より上)を解釈し、ネットワーク同士の接続を行う機器です。
  • ブリッジは、OSI基本参照モデルのデータリンク層で接続し、通過するパケットのMACアドレスを見てパケットを中継するかどうかを判断する通信装置です。
  • 正しい。
  • ルータは、OSI基本参照モデルのネットワーク層で接続し、通過するパケットのIPアドレスを元にパケットを最適な経路に中継する通信装置です。
© 2010-2022 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop