ソフトウェア開発技術者平成18年春期 午前問34

午前問34

あるシステムでは,平均すると100時間に2回の故障が発生し,その都度復旧に2時間を要していた。機器を交換することによって,故障の発生が100時間に1回になり,復旧に要する時間も1時間に短縮した。機器を交換することによって,このシステムの稼働率は幾ら向上したか。
  • [この問題の出題歴]
  • 応用情報技術者 H22春期 問16

分類

テクノロジ系 » システム構成要素 » システムの評価指標

正解

解説

ある期間の実績から稼働率を求める問題です。稼働率は「MTBF÷(MTBF+MTTR)」で求めます。※MTBFは平均故障間隔(連続稼働時間の平均値)、MTTRは平均修復時間です。

機器を交換する前は、100時間に2回の故障が発生し各復旧に2時間かかったので、100時間のうち稼働時間は96時間、復旧時間は4時間です。
  • MTBF:96時間÷2=48時間
  • MTTR:2時間
  • 稼働率:48時間÷(48時間+2時間)=0.96
機器交換後は、故障が1回になり、復旧時間も1時間に短縮したので、100時間のうち稼働時間は99時間、復旧時間は1時間です。
  • MTBF:99時間÷1=99時間
  • MTTR:1時間
  • 稼働率:99時間/(99時間+1時間)=0.99
したがって、機器を交換することでこのシステムの稼働率は 0.03 向上したことになります。
© 2010-2020 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop