ソフトウェア開発技術者 平成18年春期 午前問50

午前問50

ツールレス保守に該当するものはどれか。
  • 異常が発生した場合,現場から離れた保守センタから障害状況を調査する。
  • 故障の前兆となる現象を事前にとらえて,対象となる部品を取り替える。
  • サーバマシン内部の基板などをモジュール化し,取り付けをレバー式にする。
  • 電源や磁気ディスクなどを二重化し,故障時は縮退運転して故障装置を交換する。
  • [この問題の出題歴]
  • ソフトウェア開発技術者 H19秋期 問50

分類

テクノロジ系 » システム開発技術 » 保守・廃棄

正解

解説

ツールレス保守は、ドライバや専用工具を用いることなく、障害が発生したハードウェアの部品を交換可能できるように設計する技術です。部品の交換を迅速に行えることでMTTRが短くなることが期待できます。
  • 遠隔保守の説明です。
  • 予防保守の説明です。
  • 正しい。ツールレス保守の説明です。
  • フォールバックの説明です。
© 2010-2019 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop