応用情報技術者平成21年秋期 午前問43

午前問43

UMLのクラス図が表す内容はどれか。
  • クラス間の動的な関係
  • クラス同士が,必ず1対1に対応するような相互関係
  • クラスを構成するクラス名,インスタンス,メッセージの3要素
  • 汎化,集約,関連などのクラス間の関係

分類

テクノロジ系 » システム開発技術 » ソフトウェア要件定義

正解

解説

クラス図は、UMLを構成する図の1つで、クラス間の関係からシステムの構造を記述する静的な構造図です。クラスを構成するクラス名、属性、メソッド、およびクラス間に存在する、リンク、関連、集約、汎化、特化、実現などの関係を表現できます。
  • クラス図が表現するのはクラス間の静的な関係です。
  • 1、0以上、1以上を組み合わせて多重度を表現できます。
  • クラスを構成するクラス名、属性、メソッドを記述します。クラス名、インスタンス、メッセージの3要素を記述するのはコラボレーション図です。
  • 正しい。
© 2010-2021 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop