応用情報技術者平成24年春期 午前問31

午前問31

DBMSの媒体障害時の回復法はどれか。
  • 障害発生時,異常終了したトランザクションをロールバックする。
  • 障害発生時点でコミットしていたが,データベースの実更新がされていないトランザクションをロールフォワードする。
  • 障害発生時点で,まだコミットもアボートもしていなかった全てのトランザクションをロールバックする。
  • バックアップコピーでデータベースを復元し,バックアップ取得以降にコミットした全てのトランザクションをロールフォワードする。

分類

テクノロジ系 » データベース » トランザクション処理

正解

解説

DBMSに媒体障害が発生したときにはバックアップデータを使用してバックアップ時点の状態に復元し、その後コミットされたトランザクションについては更新後ログを用いてロールフォワード処理(前進復帰)を行うことでDBに結果を反映させます。
  • トランザクション障害からの回復方法です。
  • システム障害のうち、障害発生直前のチェックポイント後にコミットされたトランザクションに対する回復方法です。
  • システム障害のうち、障害発生直前のチェックポイント後にコミットされていないトランザクションに対する回復方法です。
  • 正しい。媒体障害からの回復方法です。
© 2010-2019 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop