応用情報技術者平成28年秋期 午前問36

午前問36

IPv6において,拡張ヘッダを利用することによって実現できるセキュリティ機能はどれか。
  • URLフィルタリング機能
  • 暗号化機能
  • ウイルス検疫機能
  • 情報漏えい検知機能

分類

テクノロジ系 » ネットワーク » 通信プロトコル

正解

解説

IPv6の拡張ヘッダは、IPv6ヘッダとTCP/UDPヘッダの間に挿入される、フラグやオプション情報を追加するための可変長のフィールドです。
36_1.gif/image-size:390×80
拡張ヘッダには次のような種類があります。
36_2.gif/image-size:410×247
このうち、認証と暗号化がセキュリティ機能に該当します。したがって「イ」が正解です。

AHとESPはIPsecの仕様に含まれるプロトコルです。IPv6環境ではネットワーク層(インターネット層)で暗号化を行うIPsecの実装が必須になっています。
© 2010-2019 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop