応用情報技術者 平成30年秋期 午前問45

午前問45

無線LANのセキュリティプロトコル,暗号アルゴリズム,暗号鍵の鍵長の組合せのうち,適切なものはどれか。

分類

テクノロジ系 » セキュリティ » セキュリティ実装技術

正解

解説

WPAとWPA2のセキュリティプロトコル、暗号アルゴリズム、暗号鍵の鍵長をまとめると次のようになります。
45a.gif/image-size:501×141
  • WPAでは WPA-TKIP または WPA-AES を選択可能ですが、TKIPのときは必ずRC4を使用することになります。
  • WPAのRC4暗号鍵の鍵長は128ビットです。
  • 正しい。WPA2-AESではCCMモードのAES(CCPM)に基づいて暗号化を行います。また、AESの鍵長は128ビット、192ビット、256ビットから選択します。
  • WPA2では WPA2-TKIP または WPA2-AES(CCMP) を選択可能ですが、CCMPはAESベースの暗号化アルゴリズムですのでCCMPのときには必ずAESを使用することになります。
© 2010-2019 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop