応用情報技術者 平成30年秋期 午前問49

午前問49

プログラムの誤りの一つに,繰返し処理の終了条件として A≧a とすべきところを A>a とコーディングしたことに起因するものがある。このような誤りを見つけ出すために有効なテストケース設計技法はどれか。ここで,Aは変数,aは定数とする。
  • 限界値分析
  • 条件網羅
  • 同値分割
  • 分岐網羅

分類

テクノロジ系 » システム開発技術 » ソフトウェア構築

正解

解説

限界値分析は、データ範囲を「有効値」及び「有効値超過」「有効値未満」の3つに分割し、テストケースに有効範囲の上限値とそれを1つ上回る値、および下限値とそれを1つ下回る値を利用する手法です。
49.gif/image-size:337×104
繰返し処理の終了条件として A≧a(Aがa以上) とすべきところを A>a(Aがaより大きい) とした場合、本来終了すべきときに終了しなかったり、処理を繰り返すべきなのに終了してしまったりということが起こります。
この事例のような条件式の記述誤り、またはプログラマの解釈ミスにより、条件判定の境界値付近ではバグが頻発するため、そのバグを効率的に検出するためにはテストケースに境界値を用いる限界値分析が有効です。

したがって「ア」が正解です。
© 2010-2019 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop