応用情報技術者 平成30年春期 午前問40

午前問40

サイバーレスキュー隊(J-CRAT)は,どの脅威による被害の低減と拡大防止を活動目的としているか。
  • クレジットカードのスキミング
  • 内部不正による情報漏えい
  • 標的型サイバー攻撃
  • 無線LANの盗聴

分類

テクノロジ系 » セキュリティ » 情報セキュリティ管理

正解

解説

サイバーレスキュー隊(J-CRAT)は、「標的型サイバー攻撃特別相談窓口」にて受け付けた相談や情報に対して調査分析を実施し、JPCERT/CCやセキュリティベンダ等と連携して助言や支援および情報共有を行うことで被害の低減と攻撃の拡大防止を図るIPAの取り組みです。標的型サイバー攻撃の被害低減と拡大防止を活動目的としています。

したがって「ウ」が適切です。
40.gif/image-size:244×113
参考URL: サイバーレスキュー隊J-CRAT(ジェイ・クラート)
 https://www.ipa.go.jp/security/J-CRAT/index.html
© 2010-2019 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop