応用情報技術者 平成30年春期 午前問48

午前問48

アジャイル開発のプラクティスの一つである"ふりかえり(レトロスペクティブ)"を行う適切なタイミングはどれか。
  • "イテレーション"の各回の最後
  • "タスクボード"に貼ったタスクカードが移動されたとき
  • "ニコニコカレンダー"に全チームメンバが記入し終えたとき
  • 毎日行う"朝会"

分類

テクノロジ系 » ソフトウェア開発管理技術 » 開発プロセス・手法

正解

解説

"ふりかえり"は、イテレーション内で実施したことや起きたことを、最後にチーム全員でふりかえり、開発プロセス、コミュニケーション、その他様々な活動をよりよくする改善案を皆で考えることをいいます。

したがって、適切な実施タイミングは各イテレーションの最後です。
  • 正しい。
  • "タスクボード"とは、タスクを付箋などに書き出して皆から見えるボードに貼ることで、チームの抱えるタスクを見える化するものです。
  • "ニコニコカレンダー"とは、カレンダーにその日の気持ちを表すシールを貼るなどして、チームのムードやメンバーの気持ちを見える化するものです。
  • "朝会"とは、毎朝、時間を決めて行われる関係者同士の短いミーティングのことです。チーム内のこまめな情報共有を目的とします。
イテレーション(Iteration)
アジャイル開発における反復の単位で、分析、設計、実装、テストの一連の活動を含みます。アジャイル開発では、概ね数週間程度ごとにこの開発サイクルを繰り返して次第に完成度を高めていきます。
© 2010-2019 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop