オリジナル模擬試験1 問17

問17

処理装置と周辺装置からなるシステムがある。以下の条件の場合,システム全体のMTBFはおよそ何時間か。

〔条件〕
処理装置のMTBFは1,000時間である。
周辺装置は,1時間に故障する確率が10−5である部品400個から構成されている。

分類

テクノロジ系 » システム構成要素 » システムの評価指標

正解

解説

時間当たりの故障回数がわかればMTBFもわかるので、処理装置と周辺装置の故障率の和を考えてみます。

〔処理装置〕
MTBFが1,000時間なので時間当たりの故障率は、約1/1000です。

〔周辺装置〕
1時間に故障する確率が10−5である部品400個から構成されているので、周辺機器全体での故障率は、
 10−5 ×400=4×10−3=4/1000

システム全体での故障率は、処理装置と周辺装置の故障率の和になるので、
 1/1000+4/1000
=5/1000=1/200

故障率とMTBFには「故障率=1/MTBF」の関係がありますので、MTBFは故障率の逆数である200時間ということになります。
© 2010-2021 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop