オリジナル模擬試験1 問16

問16

システム信頼性向上技術であるフォールトマスキングに沿った考え方について説明したものはどれか。
  • 故障が発生したときに,その影響範囲を最小限にとどめるために常にシステムを安全側に制御する
  • 故障の発生率を低減させるために,品質管理などを通じてシステム構成要素の信頼性を高める
  • 故障が発生したときに,その影響が誤りとなって外部に出ないように制御する
  • 不特定多数の人が操作をしても,システムとして誤作動が起こらないように設計する

分類

テクノロジ系 » システム構成要素 » システムの構成

正解

解説

フォールトマスキングは、フォールトトレランスシステムを実現する方法の一つで、システムの構成要素にフォールトが生じた場合、外部に対して行うサービスに異常を一切生じないようにマスクするように制御する設計方針です。
  • フェールセーフの考え方です。
  • フォールトアボイダンスの考え方です。
  • 正しい。フォールトマスキングの説明です。
  • フールプルーフの考え方です。
© 2010-2021 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop