オリジナル模擬試験1 問37

問37

パスワードクラッキングの手法であるブルートフォース攻撃について説明したものはどれか。
  • ターゲットの個人情報に関する知識から,攻撃者自身がパスワードを類推する。
  • ユーザのキー入力を不正な方法で監視・盗聴し,盗んだ入力データからパスワードを類推する。
  • 考え得る組合せのすべてをひとつずつ試していくことでパスワードを破る。
  • 辞書に載っている一単語や,ユーザがよく使う語句のリストをもとにパスワードを破る。

分類

テクノロジ系 » セキュリティ » 情報セキュリティ

正解

解説

ブルートフォース攻撃は、総当たり攻撃とも呼ばれる暗号解読方法のひとつで、暗号や暗証番号などで理論的にありうるパターン全てを入力することで解読を試みます。

すべての組合せを試すので時間的制約が無い限りは、確実にパスワードをクラックする方法です。現在では鍵長が短いDES暗号は、演算性能の向上によりブルートフォース攻撃によって解読することが可能となっています。
  • 類推攻撃の説明です。
  • キーロガーを使ったパスワード解読手法です。
  • 正しい。
  • 辞書攻撃の説明です。
data-full-width-responsive="true">
© 2010-2019 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop