オリジナル模擬試験1 問36

問36

米国のNISTが制定した,暗号方式DESの後継となる米国標準暗号方式はどれか。

分類

テクノロジ系 » セキュリティ » 情報セキュリティ

正解

解説

AES(Advanced Encryption Standard)は、NIST(米国標準技術局)の公募で集まった15の方式の中から採用されたDESの後継となる米国の標準暗号方式です。

ブロック長128ビットで、使用する鍵の長さを用途に応じて128/192/256ビットの中から選択できます。(DES暗号は、ブロック長64ビット,鍵長さ56ビットと短く、CPUの演算性能が飛躍的に向上した現在では総当たり方式によって解読可能であるため安全ではないとみなされています。)
  • Triple DESのことです。その名の通りDESを3重にかけることで強度を高めた暗号方式です。
  • 正しい。
  • Fast Data Enciphement ALgorithmの略。NTTが開発した暗号方式で、ICカードや携帯電話で利用されています。
  • International Data Encryption Algorithmの略。チューリッヒ工科大学の James Massey とXuejia Laiが設計し、1991年に発表したブロック暗号です。PGPやSSHなどで使用されています。
© 2010-2019 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop