応用情報技術者令和2年秋期 午前問12

午前問12

現状のHPC(High Performance Computing)マシンの構成を,次の条件で更新することにした。更新後の,ノード数と総理論ピーク演算性能はどれか。ここで,総理論ピーク演算は,コア数に比例するものとする。

〔現状の構成〕
  • 一つのコアの理論ピーク演算性能は10GFLOPSである。
  • 一つのノードのコア数は8である。
  • ノード数は1,000である。
〔更新条件〕
  • 一つのコアの理論ピーク演算性能を現状の2倍にする。
  • 一つのノードのコア数を現状の2倍にする。
  • 総コア数を現状の4倍にする。
  • [この問題の出題歴]
  • 応用情報技術者 H21秋期 問14
  • 応用情報技術者 H28春期 問13

分類

テクノロジ系 » システム構成要素 » システムの構成

正解

解説

更新条件について順番に考えていきます。
  • 1つのコアの理論ピーク演算性能は現状の2倍になるので、
     10GFLOPS×2=20GFLOPS
  • 1つのノードが持つコア数は現状の2倍になるので、
     8個×2=16個
  • 現状の総コア数は「ノード数1,000×コア数8個=8,000個」なので、更新後の総コア数はその4倍の、
     8,000個×4=32,000個
〔更新後のノード数〕
総コア数32,000個を1つのノードが持つコア数16で割って「32,000÷16=2,000」となります。

〔更新後の総理論ピーク演算性能〕
総コア数32,000個に1つのコアの理論ピーク演算性能20GFLOPSを乗じた「32,000×20=640,000GFLOPS」となり、これをTFLOPSの単位で表わすと640TFLOPSとなります。

したがって「イ」の組合せが正解です。
© 2010-2021 応用情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop